2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2014'08.09 (Sat)

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んで

こんばんは!あなたの軽弾むスイッチを見つけるコーチ、宮坂 雪里です。

↑↑この一言を何にするか、なかなか決まりませんなぁ・・。もう少し考えます(笑)

今日は本の紹介。

数年前、「ホリエモン」という名で親しまれ、そしてまさかの逮捕、実刑判決を受けた堀江貴文さんの著書
「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」です。

ホリエモン(とここでは敢えて書かせてもらいます)と私は同い年なので、時代の寵児となって騒がれていた頃から、彼のいう事も一理あるし、でも目障りだと感じる世間の感覚もわからないでもなく、ちょっと気になる存在でした。

そんな彼が実刑判決を受け、刑期を終了してどんな事を考えているのか、知りたくて手に取ってみました。

読んでみて・・。非常に面白かったです。

間違いなく努力の人です。
ただ、その努力を努力だと気付いていないところが彼らしい。
そして非常に頭が切れる人でもある。

一見「掛け算で人生を歩んできた」ように見えるけれど、実際にはその前にかなりの足し算をしている。
ゼロに何を掛けてもゼロだから、なるべく自分自身の経験や知識を足しておく。

仕事でもプライベートでも、「キョドッて」しまうのは単に経験がない/浅いから。
だからこそ、「小さい成功体験の積み重ね」が大切であり、その為にも悩んでいる暇があったらとにかく一歩を踏み出す。

時は有限であり、命そのもので、お金でも買う事は出来ない。「タイム・イズ・マネー」ではなく、「タイム・イズ・ライフ」。
自分の時間を生きるのか。それとも他人の時間を生かされるのか。

このようなメッセージが、わかりやすいストレートな文章でスッと入ってきました。

逮捕される前の「ホリエモン」とは違う、等身大の堀江貴文さんの今後が楽しみです。

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」
関連記事
スポンサーサイト
23:50  |  軽弾む日々  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://lucentcolor.blog.fc2.com/tb.php/354-495ce7a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |