2017-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2015'11.27 (Fri)

JICCCフォーラム2015、無事終了!

こんばんは!軽弾む一歩を応援する、軽Hazoomistみさとです。

昨日無事JICCCフォーラムが盛会のうちに終わりました♪

私が担当した分科会のテーマは「進化し続ける組織の秘密と、これから~ワールドカフェで語り合う」だったのですが、参加者の皆さんそれぞれが真剣にこのテーマについて話されていて、心が熱くなりました。

実のところの内情をお話すると、初めはこのテーマではなかったのです。
JICCCが結成10周年ということで、何かその報告が出来るような分科会を一つ作ろうということでお声がけをいただき、3人のメンバーで話し合う中で、

「このJICCCの形って、時に応じて形を変えていっていて、これって進化しているよね?」

という話になり、それを一つのヒントとして受け取ってもらって、それを基に組織について語ってもらおう・・という流れで最終的にこのタイトルに決まったのでした。

10年前、その頃では多分珍しかったであろう企業内コーチをしていたゆたかさんという人の話を聞きたいと何人かが集まって始まったのが第1回目。
その時は自己紹介で2時間が終わってしまったそうで(笑)、では来月また集まって・・ということになり、それが数回続いてコミュニティという形が出来上がったそうです。この1回目から、毎月欠かさず定例会をしているということも正直すごい事だと思います。ちなみに先月127回目でした。

とは言っても順風満帆に歩みを進めてきたわけではもちろんなく、様々な紆余曲折のドラマがあって、結果として「進化」を遂げ、そしてまた入会する人が今は毎月いらっしゃるという状況なのです。

このJICCCの特徴を表すキーワードとして、「出る杭は伸ばされる」というものが出てきました。
これは、何かをやりたいという声をあげたらそれをつぶされるのではなく、どんどんと機会を与えられるというものです。

人の可能性を信じるコーチの集まりだからこその状況なのかもしれませんが、これも進化していく組織には必要なことなのかも・・と感じております。

その他にも、JICCCの特徴として

・様々な会社の様々な役割の方々がおり、一同がフラットな関係で共にいる
・新卒・古株関係なし
・助けを求めることができる

等が挙げられると思います。

昨日はそんなJICCCの事例を、パネルディスカッションも交えながら担当3人でお話したのが分科会90分のうちの前半部分でした。

そして、その事例を踏まえていよいよ参加者の皆さんが思う
「進化し続ける組織とは?」
「進化し続ける組織を創るためには?」
このテーマで話していただきました。その様子がどうだったかは・・。

私にしては長文になりましたので、又明日書きます!

それにしても、自分が何かやる時と言いうのは写真を撮る余裕がなくて、いつもあとから後悔するのでした・・。
関連記事
スポンサーサイト
23:41  |  コーチング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://lucentcolor.blog.fc2.com/tb.php/560-bffa9332

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |