記事一覧

思い通りにいかない時には

「今日はこれをしよう!」と思っていても、相手の都合だったり、自分の準備が間に合わなかったりで予定通りにいかない事も多いですよね。そんな時、皆さんはどうしますか?

御手洗瑞子さん著「ブータン、これでいいのだ」(新潮社)の中で、なるほどと思った箇所があります。

課題山盛りなのに先に進む見込みはなく、どうすればいいかと悩んでいる著者に上司が言う言葉です。
「そもそも、僕たちができる事なんて、限られているんだ。だから、自分にできる事を、等身大で頑張ればいい。出来ることを、すればいい。僕たちの国王はいつもこう言っているんだ。『小さくても、できることをすればいい。最初は小さな動きでも、いいものは、波紋のようにどんどん広がっていくんだよ』ってね。だから、自分がどうにかできる事にフォーカスするんだ。それ以外の事について、課題を見つけて嘆いたりしていても、仕方がないんだよ。自分の身の丈を超えて、生真面目に思い悩みすぎてはだめだ。」

たしかに、なんとかなると思っているからその予定が崩れるとイライラするし、歯がゆい。
でも、それを「どうにもならないこと」と手放す事ができたらかなり楽になりそうです。

その他、死生観、時間に対する感覚、人生観等ブータンの人々の視点が著者の目線で書かれており、面白かったです。お薦め

ブータン、これでいいのだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Misya (宮坂 雪里)

Author:Misya (宮坂 雪里)
「軽弾む日々」ブログへようこそ!
Misya(宮坂 雪里)です。
想いはあるけれど、なかなか一歩が踏み出せない・・。
そんなあなたに、軽快に一歩を踏み出すヒントを日々お伝えします。
あなたが一歩を踏み出せば、世界は変わる。かもしれない♪

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: