記事一覧

好きな香りでストレス脳をリラックス脳に!

5月15日(火)放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で、アロマが取り上げられておりました
たけしの家庭の医学

ストレスがかかった際に、反応するのは脳の前頭前野の部分。その前頭前野の右側は、怒りや不安といったネガティブな感情に関係しており、左側はポジティブな感情に関係しているといわれています。
そして何かストレスを感じた時に、右側の血流が高いまま維持する人が「ストレス脳」の持ち主だそうで、近年日本で急激に増えているようです。

しかし!ある事を日々実践する事で、この「ストレス脳」を「リラックス脳」に変えられる事が出来る!
そしてそれこそが、「アロマ等の好きな香りを嗅ぐこと」なのだそうです。

実際に、私も慌ただしく感じた時や、イライラした時等、アロマの香りで気分をリフレッシュする事がよくあるのでとても納得出来ます。

やり方として紹介されていたのが、自分の好きな香りの精油(エッセンシャルオイル)を、
・マグカップのお湯に3滴たらして、立ち上る香りを楽しむ(5分~10分)×好きなだけ
・大さじ1の塩に3~5滴たらして混ぜ、即席バスソルトを作ってお風呂で楽しむ
・コットンに1~2滴たらし、それをティッシュでくるんで枕の裏側の隙間に入れて睡眠中にほのかな香りを楽しむ

というものでした。ポイントは、あくまでも「自分が好きな香り」を選ぶという事。

特に、バスソルトは本当に簡単に出来ますし、塩の発汗効果もあるのでかなりお薦めです。

又、精油によって効能も色々あります。
簡単に、よくある精油の効能のご説明。
・ラベンダー・・・リラックス・鎮痛・安眠など、用途が広くアロマテラピーで最もよく知られている香り
・オレンジ・スイート・・鎮静・血行促進・消化促進・落ち込んだ気分を明るく前向きにする香り
・ペパーミント・・整腸・頭脳明晰・鎮痛 ガムなどで広く知られる香り 使用量をごく少量にした場合、鎮静作用もある等、使用濃度によって作用が変化する精油

まだまだたくさんの精油がありますので、何かご不明な点ありましたら何なりと聞いて下さりませ♪

香りで日々の生活に彩りを

庭のラベンダーも、スクスクと育ってくれております。

庭のラベンダー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Misya (宮坂 雪里)

Author:Misya (宮坂 雪里)
「軽弾む日々」ブログへようこそ!
Misya(宮坂 雪里)です。
想いはあるけれど、なかなか一歩が踏み出せない・・。
そんなあなたに、軽快に一歩を踏み出すヒントを日々お伝えします。
あなたが一歩を踏み出せば、世界は変わる。かもしれない♪

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: