記事一覧

ホンモロコ 産卵誘発にチャレンジ

こんばんは!軽弾む一歩を応援する、軽Hazoomist Misyaです。

26日に書いたとおり、アクアポニックスシステムで育てているホンモロコが産卵を始めており、せっかくなので本格的に産卵を促して、孵化させることに挑戦することにしました!

千葉県水産総合研究センターのホンモロコ担当の研究員の方にお越しいただき、レクチャーを受けていざ、実践!!!

ホンモロコは水温の変化で産卵が誘発されるそうなので、約1トンの水槽の水を半分程入れ替え、翌日夕方よりキンラン(人口魚巣)を水槽に浮かせます。

IMG_1546_convert_20170429222229.jpg

しばらくするとホンモロコがパシャパシャとそのキンランに体を押し付けながら産卵開始!!
キンランを一晩置くと卵を産み付けすぎるので、様子を見ながら数時間でキンランを引き上げ、別の水槽に浸しておくように・・と教わったのですが・・・・。

IMG_1564_convert_20170429222257.jpg

あんまり卵が付いている様子がない!!!!

たしかにパシャパシャとはやっていたのですが、何故でしょう・?
水温や天気も関係するようです。当日曇っていて気温もそれほど高くなかったからかな。

今日が産卵後3日目。通常3~5日で孵化するという事なので、ここ数日で孵化しないようなら来週再度チャレンジしてみようと思います。

それにしても、キンランとかワムシ(稚魚の餌)とか、聞き慣れない言葉満載。世の中まだまだ知らないことだらけですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Misya (宮坂 雪里)

Author:Misya (宮坂 雪里)
「軽弾む日々」ブログへようこそ!
Misya(宮坂 雪里)です。
想いはあるけれど、なかなか一歩が踏み出せない・・。
そんなあなたに、軽快に一歩を踏み出すヒントを日々お伝えします。
あなたが一歩を踏み出せば、世界は変わる。かもしれない♪

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: